PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 第63回ファミーリエゲーム会 無事終了しました
    よっしー (03/14)
  • 第63回ファミーリエゲーム会 無事終了しました
    Nかむら (03/13)
  • 第56回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (01/01)
  • 第56回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    Nかむら (12/29)
  • 第52回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立浜手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (10/25)
  • 第52回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立浜手地区公民館、無事終了しました。
    御蛙 (10/24)
  • 第50回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (09/25)
  • 第50回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    Nかむら (09/24)
  • GWボードゲーム自宅会
    よっしー (05/05)
  • GWボードゲーム自宅会
    Mr.J (05/05)
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ワールドボードゲームクラブ         「ファミーリエ」(ジョイント熊取支部)

大人も子どもも真剣勝負!世界のボードゲームを楽しもう!ボードゲームって何?子どものオモチャ?そう思っていませんか?いえいえ、世界は広い!海外では大人が楽しむためのボードゲームがたくさん開発されています。
もちろん子どもが楽しめる物もたくさん!気になる方は、是非遊びにきてください!
所有ゲーム紹介 NO.26「ペアーズ」
0

    最近、ゲームをいくつか処分したのですが、以前ここで紹介していたものもあったので、【No.26】が空き番号になってしまいました。というわけで、その代わりにこの空き番号をうめたいなあと思って、何のゲームがいいかな?と考えて、これを紹介することにしました。

    【ペアーズ(フルーツデッキ)
    ペアーズ(ピラミッド)
    1〜10までのカードがその数字分、入っています。
    例えば・・・


    《1》は1枚
    《2》は2枚
    《3》は3枚・・・
    《10》は10枚
    てな具合・・・

    なので、全部でカードは55枚あります。

    【ペアーズ】だから、数字をペア(2枚セット)にすると勝ち・・・と思いがちなのですが、このゲーム、ペアにすると負けるゲームです。
    しかも、この55枚のカードでたくさんのゲームの種類が遊べるのですが、そのほとんど(全て?)がペアになると負けてしまいます。
    でも、これが単純なルールですぐ遊べて楽しいんですw


    ゲームのタイトルだけ並べてみると・・・

    ペアーズ(基本ゲーム)
    ポート
    スターポート
    キティ
    ヴェンチャー
    モンスター
    リージェント
    ブラックストーン
    ゴブリンポーカー
    ハロウィン
    Calamities
    Sweep
    ロケット
    5カード
    ピラミッド


    などなど・・・

    実に様々なゲームが遊べます。

    【ペアーズ】は様々なバージョンが出ていて絵柄もいろいろあります。そのカードについているルールがこのように様々あるのですが、他のカードについているルールもペアーズが1セットあれば遊べます。でも、絵柄を見るだけでも楽しいので何種類かほしいと思っています。

    コンポーネントも小さいのでファミーリエにはよく持っていっています。

    見かけたらぜひ一緒に遊びましょうw

    おすすめは・・・

    ペアーズ(基本ゲーム)
    リージェント
    ゴブリンポーカー
    5カード

    プラミッド

    ですw



    特に最近は「ピラミッド」に嵌っていますw
     

    | ボードゲーム | 20:57 | comments(0) | - | - |
    個人的にブログを開設しました
    0
      数年前に、開設したブログ、ほったらかしにしていましたが、ファミーリエが終了したこのタイミングで復活させました。

      良かったら見に来てくださいませw

      よっしーのボードゲーム記録帳
      | ボードゲーム | 21:59 | comments(0) | - | - |
      所有ゲーム紹介 NO.9「スチーム」「蒸気の時代」
      0
        最近、めちゃくちゃはまってしまったゲームw

        長時間ゲームのため、遊ぶ機会が少ないけど、できればこれだけのゲーム会を開催したいぐらいw

        【スチーム】
        スチーム160128
        知る人ぞ知る、長時間ゲームの代表格M.ワレスの代表作。

        今まで「ワレス」と聞いただけで長時間ゲームはできないな・・・と思っていたけど、某りんごのメーカーのタブレットで遊べるこのゲームを見つけて試しにダウンロードしたところ、完全に日本語化されてる上に、チュートリアルまで日本語で説明してくれていて、凄くわかりやすかったw

        確かに時間はかかる(アプリで遊んでも30分以上かかる)けど、ルールはそんなに難しくないのでインストも端折れば15分でできたw

        何もないマップに線路が引かれて貨物を都市に届ける、そんな「ピック&デリバリー」というシステムらしい。

        とにかく拡張がいっぱい出てて、遊びきれないw

        このゲームはリメイクで元のゲームがある。それが・・・

        【蒸気の時代】
        蒸気の時代160128
        あまりにも気に入りすぎて、日本語版が出てたので買っちゃいましたw

        しかも、1人で遊べるソロマップ付き!

        1人で遊べるからいつでも遊べるw

        ちなみにこのソロマップ、1人で遊んだのに90分かかりました・・・

        結果は17点だった(これが高得点なのかは不明)

        【スチーム】と【蒸気の時代】はちょっとシステムが違ってて【スチーム】の方が簡単になってるみたい。

        僕はどっちも面白いと思ったけど、両方を同じゲーム会で連続して遊ぶのは得点方法とかが微妙に違うので混乱しそう。



        というわけで、このゲームを僕と遊んでくれる人急募!w

        アプリで何十回と遊んだけど、対人戦は1回も勝てていません(^_^;)

        だから初めてでも大丈夫!

        ぜひ遊んでくださいませ〜w
        | ボードゲーム | 22:41 | comments(0) | - | - |
        所有ゲーム紹介 NO.23「カロム」
        0

          滋賀県彦根市に伝わる伝統ゲーム

          【カロム】



          個人的には、結構伝統ゲームって好きかもw

          最近集中力がなくなってるせいもあって、できるだけルールが簡単で楽しめるゲームを選んでるような感じ。

          新しいゲームは面白いけど、ルールが多くて大変なのです(^_^;)

          【カロム】はビリヤードとおはじきを足したようなゲームで子どもから大人まで楽しめます。

          ゲーム盤がちょっと大きいので保管場所に困ったり、持ち運びには不便だけど、それを補って余りある楽しいゲームです。

          「遊んでみたいけど、所有するのはちょっと」という、そこのあなた!!

          ファミーリエにぜひ遊びに来てねw

          | ボードゲーム | 23:59 | comments(0) | - | - |
          所有ゲーム紹介 NO.37「ザ・ボス」(5,6人拡張入り)
          0
            久々のボードゲーム紹介

            今回は「ザ・ボス」
            ザ・ボス140525
            このゲーム、バックストーリーがちょっとあれだけど、とっても面白いです。
            テーマはマフィアの勢力争い。それぞれの地域で誰が一番たくさんのギャングやチンピラどもを送り込むかでその地域の勢力を奪い合う。ただし、それぞれの地域カードには色が付いていて他人を出し抜いて自分だけがうまい汁を勝ち取ります。
            とにかく、ほかのプレイヤーを出し抜いて地域をゲットできたときは爽快です。
            具体的に出し抜く方法は、他プレイヤーのギャングを投獄したり、ピストルで・・・怖!
            その分、報酬をもらえた時は「やったぜ!」って感じ。
            久々に、個人的に大ヒットゲームですw
             
            | ボードゲーム | 12:07 | comments(0) | - | - |
            所有ゲーム紹介 NO.17「シェフィ」
            0
              シェフィ
              今回はちょっと変わったゲーム。なんと、一人用専用です。しかも、日本のゲーム。

              私は普段、あんまり日本のゲームは買わないのですが、最近巷でよくうわさを聞くので、つい買ってしまいました。

              イベントカードを駆使して、とにかく羊をもりもり増やしていくゲーム。

              最初は1匹しかいない羊をなんと1000匹にしろっていうとんでもないゲーム。

              遊んでみると思いのほか面白かったです。

              15分ぐらいで終わるんだけど、ぜんぜん羊が増えなくて、気づいたら4回ぐらい連続で遊んでました。

              ボードゲームとしてはかなり特殊な一人専用ゲームですが、誰に気遣うことなく気軽に遊べるので、1000匹目指して頑張ります。


              (今回は「豚小屋」を譲ったことにより所有ゲームNO.17が開いたので、急遽この記事を書いたのですが、

              「シェフィ」はかなり面白かったです)
              | ボードゲーム | 23:39 | comments(0) | - | - |
              所有ゲーム紹介 NO.22「髑髏と薔薇」
              0
                 ゲームタイトルがパソコンで文字変換しないと難しくて書けないことで有名な(?)ゲーム。
                ゲーム内容はブラフ(だましあい)ゲーム。
                で、このゲーム、別に遊ぼうと思えばトランプでも出来る・・・
                しかぁし!!なぜか売れているらしい(本部のじょいんとで所有)
                なぜか!?ひとこと!「コンポーネント(タイルのイラスト)がすんばらしい!!
                髑髏と薔薇
                どうですか!めっちゃかっこええがな!!(ちょっと、恐いけど)
                で、ゲーム内容の説明はこれで終わり・・・
                ちなみにファミーリエでは最近、このゲームの「赤箱」ってバージョンを購入しました。
                内容は「黒」と同じだけど、描かれている絵が違うのでこの2つをセットにしてなんと、12人で遊べるという画期的なシステム!(商売うまいなぁw)
                ファミーリエのバージョンは・・・
                F6 髑髏と薔薇
                こんな感じwジョイントの主催者から安価で譲ってもらったw
                ありがたや〜w
                なぜこのゲームを紹介したかというと・・・
                実はじょいんと本部の主催者がこのイラストを元に、スマホカバーを作った!
                (すげー)
                それがこれ!→
                | ボードゲーム | 01:15 | comments(0) | - | - |
                所有ゲーム紹介 NO.19「カフェインターナショナル」
                0
                   カフェインターナショナル
                  世界中の人たちが集まる国際的なイベント!「みんな集まって、ちゃーしばけへん?」って事で集合したはいいが、なぜか日本人がいない。1989年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作品。
                  で、なぜ日本人がいないか考えた。そうだ!ここは日本だ!我々が主催国だ!ホストなのだ!だから悠長に、「茶〜しばいてる」場合じゃないのだ!各国から集まっていただいた人たちを接待して楽しんでもらわなければ!と、勝手な解釈をしてゲームを始めた。
                  ゲームは各国のテーブルに4つずつ椅子があってそのテーブルには国旗が描かれている。テーブルとテーブルの間にはどちらの国の人も座れる席もある。もちろんテーブルに描いている国旗の国の人たちを4人固めるほうがポイントは高い。みんな集まって仲良くしようというゲームなのに同じ国の人で集まったら国際交流が出来ないじゃん!みんな、人見知りなのかな?などと考えながらゲームを進める。テーブルには「フィーリングカップル5対5」よろしく、男女比を出来る限り均等にしなくてはならない。(お見合いみたい)
                  国際交流のゲームだの、フィーリングカップルだの言ってますが、ゲームはとってもシンプルで子どもでの楽しめる簡単ルール。ファミリーでも、友人同士でも楽しめる古きよき時代のほんわかしたゲームです。
                  リアルな世界では、最近ちょっと物騒なことがあるけど、このゲームの内容のように、みんなで和気藹々と集まれるときが来るといいですねw
                  | ボードゲーム | 00:12 | comments(0) | - | - |
                  所有ゲーム紹介 NO.24「チーキーモンキー」
                  0

                     チーキーモンキー1

                    箱でかいっちゅうねん!!高さが18センチもある!
                    こんな規格外の箱、どこにも納まらん!
                    大きい大きいとは聞いていたけど、ネットの写真は正面からしか写ってないからぴんと来なかった。
                    で、この箱から出てきたのは・・・・・
                    チーキーモンキー2
                    サルが1匹のみ・・・な、何も入ってない!?
                    こんなにでかい箱なのにサル1匹だけって・・・
                    と思ったら、さらに・・・・・
                    チーキーモンキー3
                    サルの中にチップがいっぱい・・・
                    うぉぉぉぉぉ!ある意味すごい潔い箱・・・じゃなくてゲーム!
                    このゲームは2007年発売のゲームでそのリメイクとして日本語版が最近発売された。
                    もともとはもっと薄い箱だったのに、このサルのせいでこんなにでかい箱になった。
                    ゲーム内容は、一種のバッティングゲームでチップをサルのおなかに手を突っ込んで8種類ある動物チップを取り出す。手番では何回引いてもいいが、同じ動物を引くと今まで引いたチップを全部サルに取り上げられる(おなかに戻す)他プレイヤーの一番上にあるチップと同じ動物を引くとチップを奪える。また、サルチップを引くと他プレイヤーの一番上の動物と交換できる。動物別に3〜10枚のチップが入っていてゲームの最後に動物ごとに一番多くその動物チップを持ってるプレイヤーがボーナスタイルをもらってチップ(1枚1点)と足して一番稼いだ人の勝ち。ゲームはめちゃくちゃ面白いけど、サルのせいで箱でかい!このサルさえいなかったら・・・と思ってたら、ゲーム会に持っていったらゲームで遊ばん子がこのサルを手放さない!そう、このサルが大人気に!!で、その子も結局、このゲームで遊んでた。すごいインパクト!吸引力抜群のこのサル!そうか、この日本語版はこれが狙いだったのか!すばらしい!(180度考えが変わった瞬間!)
                    サル様、様!
                    いや、おサル様!
                    元のゲームはもともとすばらしい出来な上、おサル様が人気になった!
                    チーキーモンキー様!これからもファミーリエでご活躍ください!(なんのこっちゃ?)
                    | ボードゲーム | 23:06 | comments(0) | - | - |
                    所有ゲーム紹介 NO.16「カタンの開拓者たち」
                    0

                       カタン(21回じょいんと)

                      自分でも所有しているが今回は本部のじょいんとで遊んだときの写真を使用。
                      1995年のドイツ年間ゲーム大賞とドイツゲーム賞をダブル受賞。このゲーム、ドイツのボードゲームシーンを語るのにも特別な存在である。このゲームを境にドイツゲームの路線が変わったと言って過言ではないほど凄まじい革命を与えたのではないだろうか?
                      今でこそ遊ぶ機会は減っているが発表当時は旋風を巻き起こしていた。ルールが多く難しい作品と言われていたが、最近ではもっと複雑で難しいゲームがたくさん発表されているので、初心者の人が中級レベルに入っていく登竜門的なゲーム。
                      内容は様々な資源を集めて道を作り、町を作り、都市に発展させて勝利点を得る。といった感じのゲームだが、そこにサイコロの運がかかわってくる。
                      そして、このゲームの肝はなんと言ってもプレイヤー同士の交渉である。
                      「麦1枚あげるから鉄を1枚ください」とか「木をあげるから羊ちょうだい」とか・・・
                      挙句の果てにどうしてもある資源がほしいので「麦2枚あげるから、鉄1枚と交換して」と少し不利な条件を出してでも、交換要求することもしばしば。コンピューターゲームでも発売されているがやはりこのゲームは実際に人と遊ぶのが楽しい。相手の顔色を見つつ、自分我徳をする交渉をしていってばっちり決まったときの爽快感は1度成功するとはまること請け合い!この交渉がゲームルールにあるため初心者は手を出しにくいが交渉ルールがあるからこそ最高に面白いゲームとなっているあたりが、初心者に勧めたいのに勧めにくいという、ボードゲーマーにはいつもつらい選択が迫られるゲーム。
                      でも、遊べば絶対楽しめるので、1度は試しに遊んでほしい1品。ちなみに先日のじょいんとゲーム会で私がこのゲームを遊んで初めて勝利したので今回この記事を書くきっかけとなりましたw
                      | ボードゲーム | 21:48 | comments(0) | - | - |
                      今後は「遊べるボードゲーム屋ファミーリエ」へ!
                      ファミーリエは終了しました
                      Twitterはじめました
                      お問い合わせはこちら
                      m.yosip★gmail.com        ★を@に変更してメールしてね
                      ↓↓楽しめたらクリックしてね↓↓
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      RECOMMEND
                      カルカソンヌ
                      カルカソンヌ (JUGEMレビュー »)

                      私がボードゲームに嵌るきっかけとなった作品です。
                      OTHERS