PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 第63回ファミーリエゲーム会 無事終了しました
    よっしー (03/14)
  • 第63回ファミーリエゲーム会 無事終了しました
    Nかむら (03/13)
  • 第56回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (01/01)
  • 第56回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    Nかむら (12/29)
  • 第52回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立浜手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (10/25)
  • 第52回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立浜手地区公民館、無事終了しました。
    御蛙 (10/24)
  • 第50回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    よっしー (09/25)
  • 第50回「ファミーリエ」ゲーム会in貝塚市立山手地区公民館、無事終了しました。
    Nかむら (09/24)
  • GWボードゲーム自宅会
    よっしー (05/05)
  • GWボードゲーム自宅会
    Mr.J (05/05)
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ワールドボードゲームクラブ         「ファミーリエ」(ジョイント熊取支部)

大人も子どもも真剣勝負!世界のボードゲームを楽しもう!ボードゲームって何?子どものオモチャ?そう思っていませんか?いえいえ、世界は広い!海外では大人が楽しむためのボードゲームがたくさん開発されています。
もちろん子どもが楽しめる物もたくさん!気になる方は、是非遊びにきてください!
<< 第2回ファミーリエつばさが丘ゲーム会 無事終了しました | main | ファミーリエin熊取図書館ゲーム会 無事終了しました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    泉佐野市の「ゲームはあと」に行ってきました
    0
      今日、久しぶりに泉佐野のボードゲームサークル「ゲームはあと」に行ってきました。

      数少ない南大阪近辺のボードゲームサークルで、親子ゲーム会です。

      行くのがちょっと遅くなって、到着すると、おやつタイムで、皆さんコーヒーやお茶を飲んで一息ついていました。

      私も親子で遊びに行ったので、娘たちと3人でお茶タイムw

      到着早々、まったり・・・(^◇^;)

      おお茶タイムのあと、まず遊んだのは、「ヌメリ」

      スマートフォンを忘れてしまい、写真はなし。

      お母さんたちが主体となって、開催されている会なので、インストはその中の一人のお母さんにしてもらいました。

      初めて遊んだのですが、子どもたちはしっかり楽しんでいました。

      2つ目は「ドラゴンディエゴ」

      これも初めて遊んだゲーム。

      子ども向きのゲームではあるけど、アクション要素とブラフ要素が絶妙の面白いゲームでした。

      さて、ゲームはこの2つしか遊べなかったけど、ちゃっかりファミーリエの宣伝もしてきました。

      時間が合えば、遊びに来てくれるとのことでした。

      いろいろ、人のつながりを持てた、充実した一日でした。
       
      | ボードゲーム関係 | 21:28 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:28 | - | - | - |









        今後は「遊べるボードゲーム屋ファミーリエ」へ!
        ファミーリエは終了しました
        Twitterはじめました
        お問い合わせはこちら
        m.yosip★gmail.com        ★を@に変更してメールしてね
        ↓↓楽しめたらクリックしてね↓↓
        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        カルカソンヌ
        カルカソンヌ (JUGEMレビュー »)

        私がボードゲームに嵌るきっかけとなった作品です。
        OTHERS